DTDな日々

文書の作者兼管理者及びその周辺のメンバーの日常の出来事や感じたことをつらつらと。詳しくはプロフィールを。

7/2〜7/4上海旅行記(その2)

 上海2日目はホテル近くのコンビニで飲料水を調達するところからです。

110707-01
 上海は、ファミマがかなり幅をきかせていました。
旅行の少し前に、ファミマのベトナム進出の話を聞いたことはあったのですが、上海では既に定着している感じです。
 上海で最も数多く見かけた店舗がこれですからね…
 あと、ベトナム同様、店内に食べるスペースがありました。

続きを読む »

7/2〜7/4上海旅行記(その1)

 本Blogでもちらっと報告した通り、先週末は上海に行っておりました。
ドイツ旅行記のような詳細なレポートにはなりませんが、ちょっとした記事を。

110706-1
 成田空港からANA便で上海・浦東空港までは3時間。沖縄へ行くのと時間的には大差ないんですよね。
 リニアで市街へ移動します。
地下鉄に乗り込む際に手荷物のX線検査があることは事前に聞いていたのですが、リニアも対象でした。


続きを読む »

ドイツ+α旅行記2011年5月(第3日目:5月4日その1)

 相変わらず、看板に偽りありというか「プラスアルファ」の部分が大きくなっているタイトルです。もうちょっとだけ「プラスアルファ」の部分にお付き合いください。

 朝は、部屋で軽く朝食を済ませ(宿の朝食を注文していなかったため)iLinz観光の続きに入ります。

 中央駅から市電に乗ろうかと思ったら、駅のホームに入らないくらいの人が。山手線の朝のラッシュと変わらないじゃないか!と思いながら、3本飛ばしたのちに市電に乗り込みます。

 Linzの人は、人と人の間隔を開けて市電に乗るためか、車内の乗車率は「新聞が広げられる程度」でした。

 混むのは中央駅−Taubenmarkt間の数駅で、Hauptplatzに到着するときはそれほどでもなかったです。

110517-1
 ここでペストリングベルグ鉄道(Poestlingbergbahn、STR50)に乗り込もうと思ったのですが、このときは出発場所がわからず、市電の3番(STR3)でLandgutstrasse駅へ移動します。
 ちなみに写真がペストリングベルグ鉄道の券売機。単に向かいだったのですが、先入観が邪魔をしてこれに気付かず。

続きを読む »

ドイツ+α旅行記2011年5月(第3日目:5月3日その4)

 国境の駅スメラウ(Summerau)でLinz行きの列車を待つこと30分弱。
 その間、誰も使っていない自動券売機で調べ物をしておりました。

 Linz HBF-Ceske Budejovice間の往復切符は2人で34Euroでした。
チェコ国内分とオーストリア国内分でどういう配分になってるのかと気になり、調べたところ妙なことが判明。(ちなみにチェコ国鉄のサイトによれば、Linz HBF-Summerau間は62km、Summerau-Ceske Budejovice間は63kmでほぼ等距離です)

 Summerau-Linz間の片道切符は9.8Euro(1人)
 Summerau-Ceske Budejovice間の片道切符は16.6Euro(1人)と、往復切符の値段と計算が全然合わないような…
 そうしているうちに目的の列車がやってきたので、原因追求は諦めました。
 行先は表示されていませんが、OEBBの職員と思われる人が「Linz」と言っていたので、この列車でしょう。
 列車に乗って1時間15分、Linz中央駅に到着したのは19時半の少し前でした。

 さて、夕食をとる時間なのですが、さすがにビールばかりでは飽きるということでたまにはワインをと考えて店を探します。

 駅前のホテルからいったん中央駅に戻り、市電で中心部に出た後、レストランを探しますが…これが全然見つからない。

 うろうろすること30分、何とか1件見つけましたが、そこもやたら混んでいる模様。

 店主と思われる人が見かねて、電気の消えていた地下のスペースを開放し、我々とその次に来た客を案内しました。

110516-1
 これがその店の看板。全然食べるところが見つからなかったんですよね。探した場所が悪かったのでしょうか。

続きを読む »

ドイツ+α旅行記2011年5月(第3日目:5月4日その2)

 Ceske Budejovice(チェスケー・ブジェヨヴィツェ、チェコ語のフォントなど無いので、それっぽく書いています)へ到着したので、まずは市内観光です。

110514-01
 古い町をイメージしていたのですが、駅前にショッピングセンターのようなものはあるわ、銀行だらけだわで、思ったより近代的で明るい感じです。

続きを読む »

ドイツ+α旅行記2011年5月(第2日目:5月3日その2)

 雨の中、ザルツブルグを出て、次なる目的地に向かいます。
次の目的地までには雨があがってほしいな、と思っていたのですが改善せず。

110511-1
 ザルツカンマーグート地方のグムンデンです。
 今回の旅行ではオーストリアは主目的地ではないのですが、せっかく通るなら、ということでスポット的に刊行しています。
 写真はGmunden駅と街中(Franz-Josef-Platz)までを結ぶ市電です。
 住宅街の狭い道を通ります。駅から街中のルートはほとんど下りで、ブレーキをかけっぱなしで動く印象。

続きを読む »

ドイツ+α旅行記2011年5月(第2日目:5月3日その1)

 という訳で、旅行記は2日目にしてドイツを飛び出します。

110510-01
 ミュンヘン中央駅で撮影したRailJetという特急(?)電車です。
 座席が、プレミアム、ファースト、エコノミーと飛行機の国際線っぽく分かれているのが特徴かも。オーストリアの特急電車の料金体系がいまいちよくわからないのですが、ドイツ国内で乗車する限りは、特急料金が発生しているため、この電車を見送ります。


続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

韓玄2号

Author:韓玄2号
1995(平成7)年、東京都知事に立候補を志すも被選挙権が無く、青島幸男氏に戦わずして敗れる。
 その後、青島氏にならい「サラリーマンになれなかったので」大学院生に。その間学者や小説家を目指すも結局挫折。
 その後、サラリーマンとしてフォークリフトを動かしたり、自動車の押しがけなんかをしてたんだけど、いつの間にかコンサルタント兼SEに転身。と思ったら、最近はエンジニアですらなくプロジェクト運営のよろず相談所のような仕事になっているような・・・
 会社員だったのがいつの間にか独立だかサラリーマンだかよくわからない状況に。一応システム系のくせにシステムを導入したがらないという、ベンダーにとってはまったく迷惑な存在でもある。何故か仕事は野球でいうリリーフ役(それも早い回からの)が多い。

 流行には進んで乗り遅れる性質のためか、不惑を迎えて迷走気味。1973(昭和48)年生まれ、40歳独身。外見はNaheワインらしい。

 本Blogのコンセプト・コメント等(トラックバックについては承認制とさせていただいております)に対する方針は→こちら

 補完用ホームページを使ってドイツ情報を提供しています:

補完用ホームページ




管理人へのメールはこちら


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク