DTDな日々

文書の作者兼管理者及びその周辺のメンバーの日常の出来事や感じたことをつらつらと。詳しくはプロフィールを。

2月も終わり

 何故か管理人の仕事は2月にイベントがあることが多く、特に月末がバタつくパターンが多いです。

 今年は回避できるかと思ったのですが、やはり2月末にイベントが入って、いつものようにバタバタしておりました。
 右手の腱鞘炎が痛み出したので、今日はおとなしくキーボードを打つ回数を少なくしておきます。

2/26 ブルンネンさんワイン会ミニレポ

 という訳で、昨日夜は、平井のブルンネンさんのワイン会に行っておりました。

 今回は、モーゼルの辛口の造り手F.J.レグネリィの特集です。

110227-1
 先にお食事から。人形町今半のお弁当。しっかりすき焼きも入っていました。

続きを読む »

シャトーTSのワイン

110226
 2004 NAPA Valley Silver Rose Cabernet Sauvignon Selection Chateau TS
 管理人、ドイツワイン以外の表記はどうもよーわかりません。
 一応ラベルに書いてある文字を並べてみた、というだけです。

 思ったほど苦味はありませんでした。重い方のワインではあると思いますが、割と果実実もあったと思います。Roseと書いてありますが、これは完全に赤ですよね・・・?

シェービングジェルを変えてみた

 今使っているシェービングジェルが切れそうなので、新しいのを買ってきた。
 今使っているのは洗顔もできるタイプなのだが、どうも量を遣いすぎる傾向にあって、あまり経済的ではないかな、と思って種類を変えてみた。(今まで使っていたタイプが店になかったせいもある)

 あまり粘度が高すぎるタイプや、サラサラすぎるのは過去の経験で会っていないように思ったので、やや粘度の低い浸透するゼリー状のものを買ってみたがどうなるだろうか?

 今のが切れたら試してみよう。

ねんきん特別便2度目(?)

 本日届いたので、軽く中を見てみたが、前回とかなりフォーマットが違っていて、驚いた。

 もっと驚いたのは、加入期間が管理人が20歳になってから今迄の月数より多かったことなのだが、よく見たら前納分が加算されているだけだった。払込月数としては正しいので、これはよし。

いつもぎりぎりだなぁ

 定期券の更新。
25日までだったのですが、25日は仕事がらみの送別会で、買おうと思ってもまず忘れる。明日は明日で仕事がバタバタするので忘れる、と判断し、本日購入。

 毎度毎度私が買う時には、普段滅多に人がいない定期の自販機に先客がいるのは何故だろう・・・?

しげの珈琲工房・しげの寒梅

110222
 平井・しげの珈琲工房さんの2011冬限定ブレンド「しげの寒梅」(480円/100g)です。
 珈琲の液体だけ見せる写真もどうかと思いますが、パッケージも袋に手書きで名称を記載しているだけなので、それそ見せてもどうかと・・・

 しっかり苦味があるように思いますが、マイルドな苦味です。厚みのある味というように感じました。苦味は結構強い方だと思いますが、それを包み込むようなコクがあって、全体的には飲みやすい、という評価です。

こちらも元旦に飲んだのと同じもの

 という訳で元旦に飲んだワインと同じものです。

110221
 2008er Wuerzburger Pfaffenberg Riesling Kabinett trocken(Buergerspital/Franken)
 元旦に飲んだ時は、それほど味や香りが出ていませんでしたが、約50日経過したら、蜂蜜のような甘い香りになっていました。
 味は甘いということはなく、しっかり辛口でしたが。
 長距離輸送から2カ月くらいなので、まだまだ状態の振れ幅が大きいのかもしれません。
 在庫数を管理人が管理していないワインなので、状態が落ち着く前に在庫をすべて飲みきってしまわないか、心配です。

フェブラリーS予想

 今年初のG1。しっかり取っていきたいです。

続きを読む »

今度こそ撮影

 という訳で元旦に写真に撮りそこなったSektです。

110219
 2008er Riesling Brut (Buergerspital/Franken)
 自宅飲みは相変わらずBuergerspital率が高いです。(大量購入者がいるので。)
 元旦に飲んだ時は、ちょっと切れ味が前面に出過ぎている印象もあったのですが、落ち着いてきました。元旦の場合は、長距離輸送を終えてから2週間くらいの状態で飲んでいたので、それが原因かもしれません。
 それでも切れ味あるリースリングの辛口、泡はやや大粒に感じましたが、徐々にこなれていくような気がします。酵母系の香りはほとんどないので、飲みやすいのではないかと思います。

 

 | HOME |  »

プロフィール

韓玄2号

Author:韓玄2号
1995(平成7)年、東京都知事に立候補を志すも被選挙権が無く、青島幸男氏に戦わずして敗れる。
 その後、青島氏にならい「サラリーマンになれなかったので」大学院生に。その間学者や小説家を目指すも結局挫折。
 その後、サラリーマンとしてフォークリフトを動かしたり、自動車の押しがけなんかをしてたんだけど、いつの間にかコンサルタント兼SEに転身。と思ったら、最近はエンジニアですらなくプロジェクト運営のよろず相談所のような仕事になっているような・・・
 会社員だったのがいつの間にか独立だかサラリーマンだかよくわからない状況に。一応システム系のくせにシステムを導入したがらないという、ベンダーにとってはまったく迷惑な存在でもある。何故か仕事は野球でいうリリーフ役(それも早い回からの)が多い。

 流行には進んで乗り遅れる性質のためか、不惑を迎えて迷走気味。1973(昭和48)年生まれ、40歳独身。外見はNaheワインらしい。

 本Blogのコンセプト・コメント等(トラックバックについては承認制とさせていただいております)に対する方針は→こちら

 補完用ホームページを使ってドイツ情報を提供しています:

補完用ホームページ




管理人へのメールはこちら


カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク