DTDな日々

文書の作者兼管理者及びその周辺のメンバーの日常の出来事や感じたことをつらつらと。詳しくはプロフィールを。

東京は開花宣言したらしいですが、小平はまだまだのようです。

20110331220310

結局地図作製まで

 インクジェットプリンタを買い替えようかどうか迷っていたところで、地震後のバタバタがあったりして、結局買換え前にGWの旅行用の地図を古いプリンタで印刷してしまいました。まだ、カラーのインクはもっている模様。

 この状況で飛行機が飛んでくれるか、入国させてくれるか、など問題は山積みですが・・・

セラーの整理

 先日の地震の関係でセラー内のワインの積み替えをした際に何本か外に出すことになりました。その手のワインは夏が来る前に飲んでしまえ、ということで開封です。

110329
 2007 Forster Ungeheuer Riesling trocken(Bassermann-Jordan/Pfalz)
 ちょっと早い気もするがまあいいか、と思って開けてみたら香ばしいような少し焦げかけたような香りが。
 わかりにくい例えで申し訳ないですが、スーパーなどで売っているアルミ箔の鍋みたいな容器に入ったポップコーン(コンロであぶって作るやつです)で、ちょっと火を通しすぎたような香りです。

 数分待ち、それが気にならなくなったところで飲んでみました。久々に石っぽさが割と前の方に出ているワインを飲んだという印象です。

 重厚さはあるが、押し付けがましくはない、といったあたりでしょうか。
 ただ、開封してから落ち着くまでの時間を考えると、もう少し待つべきだったかとは思ったところです。

前と比較すると・・・

 計画停電の影響なのか、夜が早いというか、夜の街の暗さが増したような気がします。
 管理人宅は夜が早いので22時を過ぎると管理人の部屋以外は真っ暗ですが。
 もっとも、管理人の家は徒歩2分くらいのところに農家運営の野菜の無人直売所があるような場所なので、今くらいの方が自然なのかもしれません。

 もうちょっと早く寝られるように仕事を早く片付けられるようになると良いのですが・・・

高松宮記念予想

 馬券はPCで買うことになりそうです。

続きを読む »

地元で買い物

 旅行時に利用するA4サイズのハンディポーチとクリップファイルを買いに、久々に地元の文具屋に行きました。

 いつもだと通勤経路の途中の店で買うのですが、今日は風が強く遠出したくなかったということで地元です。

 店に入るとシャッターは半分閉まっていて暗く、品物が所狭しと床に置かれている状態。地震の影響?かと思ったら、最近はいつもそうなんだとか。
 普段、この店が営業している時間に地元にいることがあまりないからなぁ・・・

 結局、ハンディーポーチとクリップファイルを買いました。
クリップファイルは、旅行時に同行者氏がクリップボードを持っているのを見て、あった方が便利そうだな、と思っていたのですが、蓋ができないのが気になってたので、蓋ができるタイプ、ということで購入しました。

 一応5月に入ったら旅行に行くつもりですが、その時、相手側の国はこちらを入国させてくれるのでしょうか…?それが最大のネックだったりして。

やはり香りが甘いような

 1月24日に飲んだのと同じワインです。

110325
 2008er Wuerzburger Pfaffenberg Silvaner Kabinett trocken(Buergerspital/Franken)

 家には比較的本数のあるワインなのですが、フランケンのシルヴァーナの割には甘く感じるワインです。蜂蜜のような香りが強いせいか、フランケンの辛口なのに中辛口〜やや甘くらいに感じます。
 濃さがあるので力はある方だと思います。気楽に飲み流すというより「飲んでいる」という感覚の強いワインですが、不思議と疲れないワインでした。もったいないですが、煮込み料理のソースベースに使ってみたい気もします。

(備忘録)3/11帰宅記録

 これは3月11日の地震(東北地方太平洋沖地震)の際の、管理人の帰宅ルートを備忘録としてメモしておくための記事です。家のPCだけだと不安なので、こちらにも記録を残しておこうかと。

 管理人の場合、1つの常駐先に2年以上いることはまずないので、都度帰宅ルートは変わるのでしょうが、参考データとして残すことにします。

続きを読む »

人はこれを在庫処分という

110323
 1998 Château CORBIN - Grand Cru Classé Saint-Emilion Grand CRU
 フランスのはどうも表記がよーわからんです。
 これは管理人のではなく、管理人の親父と称する人物の在庫処分です。
 変な雑味が無く、ストレートなベリーの味。
 10年以上経過しているためか、当たりは柔らかくなっており、驚くほど素直な赤でした。フランスの赤はそれほど数を飲んでいないので、よくわからないのですが、意外に素直で大人しい赤も少なくないのでしょうか・・・?

米沢牛コンビーフ

110322
 小金井・ケーニッヒさんの米沢牛コンビーフです。
 100g1470円(だったかな?)とお値段は結構するのですが、コリアンダーのきいた印象で、肉の香りが苦手な人でも比較的食べやすいのではないかと思います。
 そのまま食べても美味いのですが、個人的にはパンがあった方が良いと思います。この日は残念ながらパンが無かったのですが・・・

 | HOME |  »

プロフィール

韓玄2号

Author:韓玄2号
1995(平成7)年、東京都知事に立候補を志すも被選挙権が無く、青島幸男氏に戦わずして敗れる。
 その後、青島氏にならい「サラリーマンになれなかったので」大学院生に。その間学者や小説家を目指すも結局挫折。
 その後、サラリーマンとしてフォークリフトを動かしたり、自動車の押しがけなんかをしてたんだけど、いつの間にかコンサルタント兼SEに転身。と思ったら、最近はエンジニアですらなくプロジェクト運営のよろず相談所のような仕事になっているような・・・
 会社員だったのがいつの間にか独立だかサラリーマンだかよくわからない状況に。一応システム系のくせにシステムを導入したがらないという、ベンダーにとってはまったく迷惑な存在でもある。何故か仕事は野球でいうリリーフ役(それも早い回からの)が多い。

 流行には進んで乗り遅れる性質のためか、不惑を迎えて迷走気味。1973(昭和48)年生まれ、40歳独身。外見はNaheワインらしい。

 本Blogのコンセプト・コメント等(トラックバックについては承認制とさせていただいております)に対する方針は→こちら

 補完用ホームページを使ってドイツ情報を提供しています:

補完用ホームページ




管理人へのメールはこちら


カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク