DTDな日々

文書の作者兼管理者及びその周辺のメンバーの日常の出来事や感じたことをつらつらと。詳しくはプロフィールを。

注:瓶は中身を表していません

130228
 先日知人にもらったのをすっかり忘れていました。
瓶がコレで、グラスはラム用の代物。中身はドイツのEisweinです。
何故、いつものように詳細を書かないのかというと、詳細を正確に覚えていないので書きようが無いから、です。WuerttembergのWoehrwag醸造所のEisweinということはわかっているのですが。

 放置していた割りには、酸が無くとも澄んだ味で、杏系の香りです。
 熟した感じはありますが、完熟の一歩手前くらい。濃度としてはかなり濃い印象です。畑はおおよそ見当がつくのですが、ヴィンテージがいつだったか・・・
 純粋な印象では10年前後経過のイメージです。
 残りが少しあるので、後日、状況を再確認するつもり。

NAS買った

130227
 半ば衝動買い敵にNASを購入。
バックアップ用の外付けHDDを買うつもりだったのですが、こっちの方が(PCのある部屋と違う場所に設置できる分)リスクが分散されて良いか。

問題の

130226
 2/18の記事などで書いている通り、最近は五日市街道沿いの酒屋でパンを買うという妙な行動に出ています。
 問題の酒屋がこの写真の酒屋「塚屋酒店」です。住所的には西東京市新町5丁目になるのでしょうか。五日市街道沿いです。

 嘉仙ののぼりで、一部隠れてしまっていますが「手づくりパン本日入荷」の看板が写真の真ん中あたりに見えると思います。
 大抵日曜(そうでないときもあるらしい)に入荷されますが、こういうところで手作りパンというのは何か妙な感じ。最初は思いっきり店に入りにくかったですが、最近は慣れました。

平井・ブルンネンさんの2月の会@アマッザ(AMMAZZA AND BRUNNNEN)

 という訳で、ブルンネンさんのワイン会のミニレポです。
2ヶ月に1回のアマッザさんとのコラボ会で、この会はえらく席が埋まるのが早いようです。

130225-1
 早速料理の写真。料理ーA:ヒヨコ豆をふんだんに使ったトスカーナ風テリーヌ
料理の後ろにアルファベットをつけたのは、後でこの料理を示す際に、いちいちフルネームを書くのは厄介という理由でこうしています。他の料理についても同じ。
 風味も良いのですが、管理人としては豆の崩れる感じがたまりません。

続きを読む »

歩数稼ぎに小金井公園を歩く

130224
 本日、午前中に買い物で歩いてきたのですが、目標とする12,000歩に3,500歩ほど満たなかったので、午後、追加で小金井公園の梅まつりを見てきました。
 本日が最終日だったのですが、ようやく梅が咲き出した感じ。
 この場所はポジションが良くて、一番梅が咲いている場所です。
 結果的に4,000歩ほど歩けたので、今日はこれでよいかと。

こういうところも開けることに

130223
 2008er Riesling Kabinett trocken(Pawis/Saale-Unstrut)
 という訳で旧東ドイツのワインです。
さすがに2008年というだけあって締まっているというか、筋が通った印象です。
目が覚めるような酸味と、石っぽさ(管理人としては褒め言葉です)が感じられました。アルコール度数11%という字面よりは薄くないですが、厚みよりも切れ勝負のワインだと思います。ただ、最近この厚みを感じないワインばかり家では飲んでいたので、そのあたりしっかりしたワインは違う、というのを再認識しました。
 ただ、旧東ドイツのワインは、量の関係もあるのか価格が難点なのですよね・・・

そんなの、覚えられんわぁー!

 2/21は、西伊豆の大瀬崎で潜ってました。10ヶ月ぶりくらい?

130222
 湾内にてタンブヤ・ウェルコニスとかいうウミウシを撮影。名前、絶対覚えられません。名前が訳わからないのは和名が無いからだとか・・・

沼津 弥次喜多で休憩中

130221
 潜った後の一杯は止められないのだ。

鮭節

130220
 さすがに一発変換は無理だった・・・
「叫ぶし」なんて変換してくれたからなぁ。

 高田馬場駅でやっていた北海道物産展?で購入した代物。
30g650円也と値段はやや張ります。

 鰹とは風味が異なりますが、鮭も風味がよいですね。
家の猫が目をつけていたのは気になるところですが・・・
管理人、鮭とばはあまり特異ではないのですが、これならいくらでもいけそうです。
ちなみに本日はサラダと味噌汁に入れてみました。これでおにぎりを作ってもうまそうだけど、そこまで持たない(その前に食い尽くされる)ような気が・・・ 

能登牛カレー

130219
 前のワインカレーと違って、肉が前面に出た感じ。
こういうのを備蓄しておくと、家に何も無いときなどに助かります。

 | HOME |  »

プロフィール

韓玄2号

Author:韓玄2号
1995(平成7)年、東京都知事に立候補を志すも被選挙権が無く、青島幸男氏に戦わずして敗れる。
 その後、青島氏にならい「サラリーマンになれなかったので」大学院生に。その間学者や小説家を目指すも結局挫折。
 その後、サラリーマンとしてフォークリフトを動かしたり、自動車の押しがけなんかをしてたんだけど、いつの間にかコンサルタント兼SEに転身。と思ったら、最近はエンジニアですらなくプロジェクト運営のよろず相談所のような仕事になっているような・・・
 会社員だったのがいつの間にか独立だかサラリーマンだかよくわからない状況に。一応システム系のくせにシステムを導入したがらないという、ベンダーにとってはまったく迷惑な存在でもある。何故か仕事は野球でいうリリーフ役(それも早い回からの)が多い。

 流行には進んで乗り遅れる性質のためか、不惑を迎えて迷走気味。1973(昭和48)年生まれ、40歳独身。外見はNaheワインらしい。

 本Blogのコンセプト・コメント等(トラックバックについては承認制とさせていただいております)に対する方針は→こちら

 補完用ホームページを使ってドイツ情報を提供しています:

補完用ホームページ




管理人へのメールはこちら


カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク